ブログ

【5分でおわる】レンタルサーバーの開設方法|写真付き&ステップ式で解説

本記事を読むメリット

レンタルサーバーの開設方法が5分で分かる

ワードプレスを使ったブログを始めるには、まずは自分でレンタルサーバーを契約する必要があります。

本記事では、レンタルサーバーの契約方法を初心者の方でも、5分で理解できるように、わかりやすく解説しました。

ぜひ自身のブログ運営の参考にしてください。

そもそもサーバーとはなにか?

サーバー開設の具体的なステップに入る前に

「そもそもサーバーって何?」

「なぜブログを始めるには、サーバーをレンタルする必要があるの?」

「サーバーをレンタルしたらかかる費用はどのくらい?」

という基礎的なことが知りたい方はコチラの記事がおすすめ!

★レンタルサーバーのおすすめはどこ?サービス比較や料金などもあわせて解説

レンタルサーバーのおすすめは【Xサーバー】


結論から言うとレンタルサーバーは「Xサーバー」がおすすめです。

理由は、国内最速のサーバー環境を手頃な価格で利用できるからです。

Xサーバーの特徴としては

  1. サーバー稼働率99.99%以上!安定感が抜群
  2. 24時間サーバー監視でセキュリティも安心
  3. 管理画面がシンプルでわかりやすい
  4. サポートがしっかりしている
  5. 独自SSLを無料で設定できる

等があげられ、その信頼性と使いやすさなどから多くのブロガーが利用しています。

実際に管理人も使っていますが、操作で躓いたこともありませんし、サーバーも安定しており、使い勝手のいいサーバーだと実感しています。

サーバー開設の流れ|たった2ステップで終了

ここではXサーバーの開設方法を実際の写真付きで
詳しく解説します。

ステップ1:Xサーバーに登録してユーザー情報を取得する

XサーバーのTOPページから「申し込みボタン」をクリック。

Xサーバーログイン画面

「新規申し込み」をクリック。

xサーバー会員登録

お試し期間中は料金が発生しないので、少しでもお金を節約したい方は
「お試しでサーバー契約」して10日後に料金を支払うのががおすすめです。

メールアカウントや、サブFTPアカウントの作成などが制限されますが、正式なサーバーとほぼ同様の機能が使えます。

xサーバー会員登録

詳細情報の入力画面に移ります。メールアドレスや名前、住所など必要事項を記入しましょう。
プランは一般的な「X10プラン」で十分です。
X10プランは200GBの容量があり、WordPressサイトが50個まで作れます。

xサーバー会員登録

申し込みが完了すると、以下のようなお知らせメールが登録したアドレス宛に届きます。
「ユーザーアカウント情報」は、Xサーバーのログイン時に使うので、どこかに控えおきましょう。

ステップ2:Xサーバーにログインして支払いを行う

支払いは、お試し期間の10日が過ぎる直前に忘れずにおこなってください。

ここでは、Xサーバーにログインし、実際に支払う方法を解説します。

まずはメールに届いたユーザーアカウント情報の「インフォパネル」をクリック。

メールに記載の「会員ID」と「インフォパネルパスワード」を入力してログインします。

左のサイドバーの「料金のお支払い/請求書発行」をクリック

更新期間を12ヶ月として、支払い方法を選択。
支払い方法は「クレジットカード」「銀行振込」「コンビニ」「ペイジー」の4つから選べます。

登録したアドレス宛に「お支払い確認のお知らせメール」が届けば
正式にサーバーができます。

次に行う、ドメインの取得からサーバーへのヒモ付は以下の記事で詳しく開設しています。

ドメイン契約の方法

サーバーの次はドメイン契約に移ります。

詳しくは以下の記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください!

まとめ

今回は写真つきでXサーバーの開設方法をお伝えしました。

16年以上の実績と、高い安定性を誇るXサーバーは、多くのブロガーに支持され、
使い勝手も申し分なし!

「どこのサーバーがいいか分からない…。」といった方は
とりあえずXサーバーを選んでおけば大丈夫です。

定期的に、通常3,000円かかるサーバーの初期設定費用が
1,500円になる半額キャンペーンを行っています。

ブログ運営を検討している場合、そうしたキャンペーンを見たらすぐに申し込みをするのがおすすめです!

関連記事