政治経済

35歳までに1,000万円貯める具体的な方法とは?

皆さんこんにちは!ライフデザイナーのNanaです♬

この記事では、現在25歳の方が35歳までに資産を1,000万円貯める具体的な方法を書いています。

今の日本に住んでいると、
自分が1,000万円の資産を築くイメージができる人はほとんどいないんじゃないでしょうか。特に手取りの少ない20代であればなおさらですよね。

しかし結論から言うと、海外の金融の仕組みを使えば35歳で1,000万円貯めるのは可能であり、驚くほど簡単に資産が作れます。

詳しくは⏬の記事をご覧ください!

資産1,000万円を10年で作る方法とは?


皆さんは今までどうやってお金を貯めてきましたか?

1日8時間がんばって働いて、対価として月末にお給与をもらって、そのうちの何割かを日本の銀行に貯金する。

もしくは、20代はそもそもお給与が少ないので、家賃や食費、お洋服代なのであっという間にお金がなくなって「貯蓄する余裕もない!」なんて方もいるかもしれませんね。

また、高い収入を得ている人であっても、その分贅沢な生活をしてしまい、
「貯蓄がほとんどない」という人も珍しくはありません。

なぜなら、多くの人が入ってきたお金は、あればあるだけ使ってしまうという「パーキンソンの法則」にはまってしまうからです。

そう考えると、コツコツ堅実に貯蓄している人たちはなんてえらんいんだろう!
と思いますが、

そのお金、日本の銀行に預けていたらアウトだって知っていましたか?

パーキンソンの法則に関してはこちらをチェック⏬

貯蓄ができないのは理由があった!【パーキンソンの法則】を理解してお金の奴隷から解放されよう!こんにちは! ブログ管理人のNanaです♬ この記事では、意識して対策しないとお金を貯める上で厄介障害になり得る「パーキンソ...

日本の銀行が超低金利な理由とは?

日本の銀行の預金金利は、0.001%
つまり100万円を1年間預け入れたとしてもたった10円にしかなりません。

さらに受け取り利息には、所得税15%と地方税5%がかかるので、実際に受け取れる金額は8円程度です。

そもそも金利は「お金を借りたい人の有無」によって利率が変動します。

景気が上向きだと、多くの人がビジネスチャンスだととらえて、お金を借りて事業を拡大させようとします。

日本も、企業の設備投資や個人消費が活発だった高度経済成長期は、お金を借りる人が多く、金利が高い状態が続きました。

現に、バブル崩壊前は、日本でもゆうちょの定期預金の金利が10%という今では考えられない黄金時代がありました。
つまり、親や祖父母世代は銀行に預けていればお金が増えていった時代を経験しているので、こつこつ貯金すのが”正”としてその価値観を子や孫の世代にも引き継いでいる人も少なくありません。

しかし、現代は違います!

今の日本は先進国の仲間入りをして、多くの国民が豊かな生活を送れるようになりました。その反面、設備投資や個人消費は鈍化し、企業も個人もお金を貯めこんでしまっているのが現状です。

その貯めこまれたお金を世に流すために、日銀主導の低金利政策が導入されていますが、期待した結果は得れていません。

しかし、世界を見渡せば昔の日本と同じように
「お金を借りて事業を拡大したい!」
「新しい家や車が買いたい!」と旺盛な消費意欲を示す国や人がたくさんいます。

それらの国の銀行を利用すれば、預けているだけで効率よく資産を増やすことが可能なのです!

利回り8%の銀行で積みたてすると?

マイナス金利の日本では信じられないかもしれませんが、海外に行けば利回り5%〜12%は当たり前です。

例えば間をとって8%の利回りで、毎月6万円を積み立てると・・・

引用:新生銀行「簡単積立シュミレーション」

およそ10年後には1000万の資産を作ることができます!

仮に25歳の方が30歳までに1000万円増やすというシュミレーションを立てるとすると、
月に14万円の積み立てが必要になります。
あまり現実的ではないかと思いますが、実家ぐらしでほとんど出費をしない人であればチャレンジしても良いかもしれませんね^^

資産運用始めたいけど、どうすればいいの?

ここまできて一番知りたいことは

  • 利回り8%も出る銀行ってどこにあるのか?
  • その銀行は安全なの?
  • 安全だとわかった場合、どうしたらその銀行で口座開設できるのか?
というところだと思います!

結論は、日本は超低金利なので、積み立てするなら海外の銀行がおすすめです。
日本にいながら安全かつ無料で口座開設ができ、利回り8%を実現できる銀行は香港にあります!

プロの資産運用コンサルタントに相談しよう!

ここまでで、

  • 利回り8%の銀行で6万円を10年間積み立てしたら、35歳で資産1,000万円を作れる
  • その銀行は香港にあり、日本人でも安全かつ無料で口座開設ができる。

ということを説明してきました。

とはいえ、
海外に口座を作るってやっぱり不安
保障はどうなってるの?
会社の実態はあるの?

などなど不安になる部分も多いかと思います。
人は全容を理解できない事柄に過度の不安をいだく生き物です。

実際、香港の口座は無料で開設できますが、ネットで検索すると仲介手数料などを請求してくる詐欺師コンサルタントもいるので、注意が必要です。

騙さだれないためにもしっかりと免許を持っている資産運用のプロを探し、
不安や疑問をクリアにして物事を判断する必要があります。

しかし、そうしたプロの資産運用コンサルタントを自分で探すのは大変ですし、本当のプロは表舞台に出てこないのが現実です。

ではどうすべきでしょうか?
偶然の出会いを待ち望むしかないのでしょうか?

いいえ。そんな必要はありませんので安心してください!

私の知り合いに香港に法人を持っていて、日本人の金融リテラシーを上げたいと資産運用のセミナーやコンサルティングをしている人がいます!

ご紹介することも可能なので、気になる方はLINE@にご登録の上、ご連絡ください^^
友だち追加