政治経済

SEに転職して「月収60万円」を実現!SEが社会に求められる理由とは?

皆さん、こんにちは!ライフデザイナーのNanaです♪
この記事では、女性でもSEに転職して、月収60万円を達成させる方法についてまとめています!

なぜ、SEなのかというと、詳しくはこの後の内容を見て頂けたらわかりますが、
とてもつもなく将来性が高く、さらに、在宅でもフリーランスで高い年収を実現することが可能だからです。

女性であれば、必ず一度は悩む、結婚して子供が生まれた後の働き方。。。
不安を抱える方も多いと思いますが、SEならそんな悩みは無用です。

女性の社会的現実をしっかりと受け止めた上で、ぜひ、SEという選択肢を真剣に考えてみてください。

>>現役SEの生の声はこちら!

【SEインタビュー|竹川さん】フリーランスになって収入が2倍!今後の夢も熱い! 人生をイージーモードにするために、今後も需要が伸びる職種(SE)に転職することをおすすめしている当ブログ。 とはいえ 「未経...
【SEインタビュー|西野さん】営業・販売から転職したフリーランスSEが描く未来とは? 人生をイージーモードにするために、今後も需要が伸びる職種(SE)に転職することをおすすめしている当ブログ。 とはいえ 「...

なぜ女性の平均年収は男性よりも低いのか?


女性は男性に比べて、平均年収がおよそ半分も低いって知っていましたか?

生活コストもライフイベントも男性と同じであるのもかかわらず、
男女によって賃金格差があるなんてなんだか不公平だなって感じてしまいますよね…。

そもそもなぜ女性の年収は男性よりも低いのでしょうか?
それは、

  1. 昇進による違い
  2. 非正規雇用者が男性に比べて圧倒的に多い

という2つの理由が考えられます。

日本は技術を持ったスペシャリスト人材より、課長や部長など役職を持った方々の給与の方が高く、勤続年数に比例して給与が上がっていく構造があります。

女性もずっと同じ会社で働き続ければ、年収が右肩上がりに上がる可能性がありますが、
多くの女性が結婚や出産を機に、一度会社を辞めて家庭に入ってしまいます。

つまり、ほとんどの女性が、最も働きざかりのタイミングで昇進する前に会社を辞めてしまい、子育てなどが一段落した10数年後に、非正規のパートとして働くため、女性は男性に比べて年収に2倍もの差が生じてしまうのです。

女性も自立する時代。
フリーランスになれば月収60万円も夢じゃない!

仕事に邁進するサラリーマンの夫。
パートをしながら家事と育児にいそしむ妻。

毎朝、旦那さんを送り出したら12時ちょっと過ぎに家を出て、パート先のスーパーに自転車を走らせる。子供が帰ってくるまでに家につき、料理の準備をすませるお母さん…

こういった風景は、日本の一般的な家族の形で決して珍しいものではないですよね。

しかし、現代は高齢化社会を支えるために税金・社会保険料の増大はもちろん、
物価の上昇が毎年進んでおり、若い世代の金銭的負担が増え続けています。

そ直近の10年で20%近く物価が上がっているにもかかわらず
日本の平均年収は毎年下がっており、生活は窮屈になる一方です。
先進国の中で実質賃金が下がり続けているのは日本だけです。

妻のパートなどで+@の収入を得ている家計であればまだしも、夫の給与だけに頼っている家計は要注意です。
前述した若手世代への公的負担、今後も続く物価上昇を鑑みると、夫の収入だけに頼っていては、今後何十年と貯金もほとんどできずに、毎月かつかつの生活を送らなければいけなくなる可能性があります。

私の知り合いにも、毎月発生する家や車のローン、生命保険代、水道光熱費、食費といった固定費に家計が圧迫されて、貯金がほとんどできない状況に陥ってる家庭がいくつかあります。

だからこそ、結婚や出産でキャリアが途絶えた後でも、自分が家族を養えるくらいの収入をしっかり取れる力を今のうちに身につける必要があるのです。

その力としておすすめするのが、SEです!

業界を知らないとネガティブなイメージを持つ方が多いかもしれませんが、人手不足の激しいIT産業において、その給与水準は他業種よりも高く設定されてますし、
ある程度力をつければ独立して青天井の収入を取ることも夢ではありません。

事実、経済産業省は、2020年にはおよそ37万人、2030年にはその2倍の約79万人のIT人材が不足するとの推計を発表し、女性や外国人材など多様な人材の活用や、業界の労働環境改善などの必要性を挙げています。

一番のメリットはある程度力をつけてしまえば、
フリーランスで案件を請け負い在宅で仕事ができることです!

子供の世話をしながら、高収入をゲットできる職種として私はSEをおすすめします^^

SE=難しいは思い込み。
偏見は捨ててまずは一歩踏み出そう


とはいえ、SEに対して、

  • PCをほとんど触ったことのない自分ができるのか?
  • 結局理系の人が就く仕事でしょ?
  • 「きつい」「厳しい」「帰れない」の3K職種じゃないの?
といった不安の声も聞こえてきそうですが、安心してください!

皆さんが思っているほど、SEは難しい職業ではありません。

昔のように言語をしっかりと覚えて、ゼロからコードを組む必要も少なくなっており、
今ではネットで正解のコードを検索して、コピー&ペーストの簡単な作業でサイトを作れるようになりました。

しっかりと学んでプログラミングのスキルをつければ、1年後には高収入職種へのキャリアチェンジも十分可能です!

今からでも遅くはないので、思い込みは捨てて、まずは知ってチャレンジしてみることから始めましょう!

フリラーンスになって収入が2倍になったの現役SEさんのインタビュー記事はこちら

【SEインタビュー|竹川さん】フリーランスになって収入が2倍!今後の夢も熱い! 人生をイージーモードにするために、今後も需要が伸びる職種(SE)に転職することをおすすめしている当ブログ。 とはいえ 「未経...

授業料0円で未経験からプロになるまで徹底支援


ここまで

  • ここに本文を入力

    結婚や出産後も自立するためには、在宅でできる高収入な職種(SE)がおすすめ

  • 2030年には約79万人のIT人材が不足すると言われている
  • プログラミングが難しいは思い込み!しっかり学べばキャリアチェンジが可能
ということを説明してきました。

SE転職を考えるとき、まずはスキルを付ける必要があるので、スクールを検索する方が多いと思います。
ネットで検索すると様々なプログラミングスクールがヒットしますが、
料金は30万~60万で、期間は半年~1年というところがほとんどです。

また技術を教えるだけで、最終的なゴールである転職のためのバックアップ制度がないスクールもちらほら存在します。

しかし中には、授業料0円&未経験でも半年のうちに現場で使えるスキルをみっちり教えてくれて、SEとして転職支援をしてくれる会社が存在します!

その会社の役員とつながっているので、興味のある方は是非LINE@より「SE転職希望」とご連絡ください^^

友だち追加